スカイライン 関連 グッズ 買取

スカイライン(Skyline)関連の ミニカー、プラモデル、ラジコン、書籍、整備要領書、カタログ、スロットカー、デアゴスティーニ DeAGOSTINI、DVDから、その他スカイライン関連グッズまで幅広く買取強化中です!

「スカイライン」メーカー・ジャンル一覧

並び順: カナ順

「スカイライン」買取専門スタッフより

富士精密工業(当時)より発売されたALSI-1型が初代のプリンス スカイラインから、スカイライン・スポーツ BLRA-3型/R21B型、2代目のS5型スカイライン、スカイラインバンやスカイウェイもありました。
日本グランプリ出場車と同じく3連ウェーバーキャブや、フロントディスクブレーキを装着したスポーツ意識の高い スカライン2000GT(S54B-2)も名車ですね。
その後のL型エンジン全盛期の3代目 C10型スカイライン(通称:ハコスカ)も未だに人気があります。
その他にも4代目 C110型skylineの (通称:ケンメリ、ヨンメリ)もファンが多く当時の広告のキャッチコピーである
『ケンとメリーのスカイライン』や『愛のスカイライン』も当時は社会現象にまでになる影響もあり、車両はもとより各種グッズの販売数も売り上げを伸ばしました。
また、5代目 C210型 日産スカイライン(通称:ジャパン)や6代目 R30型スカイライン (通称:ニューマンスカイライン、鉄仮面(後期型RS)、New愛のスカイライン(前期))なども懐かしいですね。
7代目 R31型 、8代目 R32型(16年ぶりにGT-Rグレードが復活)、9代目 R33型10代目 R34型、11代目 V35型、12代目 V36/J50型と現代のスカイラインへとバトンタッチして継続しています。
市販車の他にも、警察車両や緊急車両のパトロールカー、覆面パトカーなどでも活躍している車両ですね。
マニアモデルでは、スカイラインが好きなスタッフが買取査定をしております。
そんな人気のあるスカイライン関連のグッズから、ホビー、玩具(おもちゃ)、ミニカー、プラモデル、模型、ラジコン、スロットカーから、関連の資料である 書籍、雑誌、本、冊子、DVD、ブルーレイ、整備要領書、パーツリスト、自動車 カタログ、パンフレット、デアゴスティーニなどや、その他各種 グッズの買取も得意です。
ご不要になられたグッズの売却や処分、整理にお困りの際には、まずはお気軽にお問合せください。

PAGETOP