ガレージキット 買取

レジン製/ガレージキットも買取強化中です。

各メーカーの模型、コトブキヤ、WAVE、B-CLUB、G-PORT、海洋堂、ボークス、ボーメ屋/BOME、ムサシヤ、岡山フィギュア、リューノス、クルシマ製作所、リアライズ、プラギルド、卓球模型等から、メルボックス、Rasetsu羅刹、岡山フィギュア、うどん工房、グリフォン、まるちしんく、夢祭工房、硫黄泉、Free-X、工房ねんどくん、ピーユニット、S-MIST、大日本餓麗爾吃吐、CerberusProject、diskvision ディスクヴィジョン、ジャンヌダルクJanneDarc、コブラ会、Vispo他/などのから、他にもポリウレタン製/ガレージキットも買い取り大歓迎です。

「ガレージキット」買取専門スタッフより

ガレージキットの魅力とは

原型師の方々が商業意識よりも個人製作にて少量生産から生み出される貴重な模型なのかもしれません。
ガレージキットは一種のアートでもあり商業的なフィギュアなどよりもマイノリティ路線を突き進み大手のメーカーが作れないキャラクター模型を世に送り出し、コアなファン層には喜ばれる、通常の模型とは一線を画したものだと思っております。
ですが、生産数は大手メーカーで100個1000個単位が余裕のフィギュアなどと比較するとガレージキットは個人生産である為、資本や設備の関係もありますが50個も生産出来れば多い方かと思います。
中には諸事情で、10数個程度しか抜けないキットも存在します。販売/購入価格は高くなってしまいますが、その分、数が少ないと限定品と同じく、どうしても入手したい衝動と魅力も押し寄せて来る事になります。

ガレージキットと版権

模型は元々「何かを模したもの」であり、ガレージキットの原点は、商業上の様々な理由で生産されないマイナーな作品の立体化(商品化)でした。
その昔は、あまりに似ていないおもちゃ(模型)的な商品に対する不満などが多かったのも覚えています。
その為に、元イメージに近づけることは大前提でありますが、ガレージキットの完成度が高ければ、版権 (商品化の権利および販売専有の権利) 所有者の権利を脅かすことが、当時のガレージキット販売が立ち上がった時代からこの問題はあります。
元は個人個人の趣味から飛び出してきた為、黎明期には既存のキャラクターを模型化したキットであっても、版権元 (著作権、商品化権等の所有者) の許諾を得ないで流通しているキットもあったのです。
1985年から始まったワンダーフェスティバル(WF)(主催:ゼネラルプロダクツ)では、当日版権制度というシステムを導入しました。

ワンフェス主催者が個々の版権元と事前に交渉することで、そのイベント当日にイベント会場内だけに限定してキットの展示・販売に関する許諾を取りつけるというものでありました。
その後も1997年頃から始まった塗装済みフィギュアブーム到来と生産拠点の国外移転によるガレージキットの低価格競争の激化も手伝って、残念ながら、版権の許諾に関してはアマチュア原型師の方々には厳しくなっているのも現状です。
なお、キャラクターの他にも、建築物・自動車・船舶・鉄道車両・航空機などについては、玩具としての意匠権などの登録がない限り模型化は原則として自由なのは変わりないとのことです。

マニアモデルでは、キャラクター/ロボット/レジン/ポリウレタン製/組み立てキット他、ガレージキットの買い取りも積極的に行っております。

各メーカー、コトブキヤ、WAVE、B-CLUB、G-PORT、海洋堂、ボークス、ボーメ屋/BOME、ムサシヤ、岡山フィギュア、リューノス、クルシマ製作所、リアライズ、プラギルド、卓球模型 などや、メルボックス、Rasetsu羅刹、岡山フィギュア、うどん工房、グリフォン、まるちしんく、夢祭工房、硫黄泉、Free-X、工房ねんどくん、ピーユニット、S-MIST、大日本餓麗爾吃吐、CerberusProject、diskvision ディスクヴィジョン、ジャンヌダルクJanneDarc、コブラ会、Vispo他/レジン製/ガレージキットも買取強化中です。

上記記載メーカーやジャンルの他にもガレージキットを幅広くお取り扱いしております。
その価値のわかる当店へ是非お売りください。 当専門スタッフがいるマニアモデルまで、まずはお気軽にご相談ください。

PAGETOP